結婚して家族になっても、ふとした言葉に愛を感じる瞬間がある。そこで今回みなさんに、妻に惚れ直した一言について聞いてみました。


 結婚生活が長くなり、よく言えば「あ、うん」の呼吸のように黙っていてもお茶やご飯が出てくるようになると、本当に会話が少なくなってくる夫婦も少なくないよう。だからこそ素直に感謝を表す言葉に惚れ直す、ということがわかる《いつもありがとう》が圧倒的1位に選ばれました。連れ合いへの感謝の気持ちは誰もが持っているもので、それをわかっている夫は一生懸命働くことが当たり前だと思っているものですが、実際に声に出して感謝されればやはり喜びは大きく、妻にプレゼントを買ってきたりするようになるもの。男は単純な生き物ですから、妻はお世辞でもニッコリ笑って優しい一声を掛ける癖をつけておけば、夫婦円満間違いなしですね。具体的ないたわりや感謝の言葉《結婚して幸せ!》が3位、《いつもお仕事お疲れ様!》が4位にランク・イン。その場、その場のタイミングで一つひとつ声に出して相手に伝えることも重要なことだといえそうですが、《いつもありがとう》には日頃からの相手への思いやりも込められているから、単純だけどとてもステキな感謝の言葉なのでしょうね。

 そういううれしい思いがない《そんな言葉かけられたことない》が2位に。全くの無言という状態でないならば、お互いに「相手に伝えよう」「相手の声に耳を傾けよう」と努力しないことがこの結果を生んでいる原因では。そんな2位の回答に共感する男性は、ぜひ自分から妻へ声を掛けて、デートに誘ってみてはいかがですか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:13621票
投票期間:2014/1/23〜2/5
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません