新年を迎えて、「体力づくり」や「肉体改造」など体を鍛えることを今年の目標として掲げた人も多いのではないでしょうか。定期的にジムに通う時間がとれなくても、自分ひとりで取り組める運動であれば長く続けることができるかもしれません。そこで今回は、キックボクシングの指導者であり、K-1出場経験もある百瀬竜徳先生に「女性もOK! 格闘家が教える【肉体改造メソッド10】」ランキング ベスト10を教えてもらいました。


■1位 パンチを打ちながらウォーキング or ジョギング

  【効果】脂肪燃焼・体幹強化
ウォーキングにパンチを打つ動きを加えることで、有酸素運動と同時に体幹を鍛えることができます。ウエストをひねることでクビレを作り、運動強度も上がりますので、ウォーキングから始め、徐々にスピードを上げていきます。

■2位 縄跳び
【効果】脂肪燃焼・足の引き締め
縄跳びは全身を使う有酸素運動です。ゆっくりジョギングしたときと比べると、3割ほど消費カロリーが高く、脂肪燃焼、足の引き締め効果があります。左右交互に片足で2回ずつ跳ぶツーステップで、かかとを上げて跳びましょう。

■3位 『グリコ』のポーズ
【効果】太もも、お尻、二の腕、体幹の引き締め
つま先を真っすぐに向け、足を肩幅に開きます。500グラムぐらいのダンベル(ペットボトル可)を両手に持ち、両腕を上に上げ、肘を頭の後ろに曲げます。膝を前に出さないように曲げてお尻を落とし、膝を伸ばしながら片足を直角に持ち上げ、同時に腕を伸ばします。腕は肩から肘までを固定し、二の腕を使って曲げ伸ばしをすることがポイントです。

 このランキングを参考にまずは体を動かすことから始めれば、運動をすることが習慣化され、年末には目標を達成できるかもしれません。体の引き締め効果以外にも、ストレス発散やダイエットの効果も期待できそうですね。

このランキングを作成した人:教室名:キックボクシングRefre'K 百瀬竜徳先生
※このランキングに関する解説はすべて百瀬竜徳先生によるものです。