美容院では、ヘアカットの腕前はもちろんのこと、長時間を過ごすだけにスタイリストとの相性も気になってしまいます。今回はみなさんがイラッとする美容師の発言はどんなものか、選んでもらいました。


 1位は《あ、切りすぎちゃった》。冗談なのか心の声が思わず漏れたのか、いずれにしても客にとっては「勘弁してよ」の一言です。2位《普段ちゃんとケアしてます?》、4位《だいぶ痛んでますね》なども失礼。好き好んでボサボサ頭に甘んじている人がどこにいるというのでしょうか。本人も気にしつつ、諸々の事情でやむなくこの状態なのに、傷口に塩をぬられた気分になりますね。高価なトリートメントを売りたいがゆえの発言なのかもしれませんが、逆効果だとは気がつかないのでしょうか。5位《前回美容院に行ったのは?》、10位《前回の切り方酷いですね》など、「もっと頻繁に、うちの美容院に来て」というアピールが透けて見える発言も不快になってしまいますね。リクルートライフスタイル・ビューティ総研の調査によると、20〜40歳の女性が美容院で使う金額は、1回当たり平均6698円。また年間利用回数は4.47回と、約3カ月に一度という結果になったそうです。年間の使用金額は約25000円程度。決してお安い額ではありません。だからこそ、こちらがリラックスできる言葉をかけてもらいたいものですが、平成22年の時点では、日本にある美容院の数は22万件を超えています。星の数ほど美容院が存在する時代には、技術も接客態度も自分にぴったりの一軒を見つけるのは、なかなか簡単ではないのかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:23102票
投票期間:2013/11/21〜2013/12/4
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません