顔を向けずに、瞳だけを動かす「流し目」は色っぽいムードが漂いますが、誰にでもできる技ではありません。今回は、流し目が似合う芸能人といえば誰が思い浮かぶか、みなさんに選んでもらいました。


 1位に選ばれたのは、「流し目王子」の異名を持つ俳優《早乙女太一》。早くからビートたけしが彼を熱烈に支持し、『座頭市』や『TAKESHIS'』など、自身の映画に次々と出演させたり、自身のレギュラー番組『たけしの誰でもピカソ』でコーナーを持たせるなど、数々のバックアップをしてきたことでも知られています。女形で魅せる《早乙女太一》の妖艶な流し目は、女性にも見習うべきところが多々ありそうです。2位は、今やセクシーなお姉さんとしてすっかりお茶の間に定着した《壇蜜》。バラエティーにCMにひっぱりだこで、その姿をTVで見ない日はありません。潤んだ瞳の流し目は多くの男性を悩殺していますが、インタビューで色っぽい流し目のコツを聞かれると、「常に心が寒い、誰か助けて!という気持ちです」と答えたのだとか。受け答えに意外性があり、どこか知性を感じさせるのも、彼女が人気を集める理由のひとつですね。

 ランク・インしたタレントのような色気たっぷりの流し目をするためにはセンスと鍛錬が必要。慣れないことを無理してすると「とんだ勘違い野郎」になってしまう危険性もあるので、自分には向いていないと悟った人は、違う路線を目指したほうがいいかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:24511票
投票期間:2013/11/16〜11/29
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません