たとえ離れているときでも心は少しでもそばにいたいと思うのは、ラブラブカップルたちにとって自然なこと。そんなときは、持ち物をおそろいにすることでその思いを満たします。さて、あなたは何を恋人とおそろいにしたいですか?


 1位になったのは王道の《指輪》。仲良く談笑しているカップルの手にキラリと光る《指輪》がおそろいだと、「ああ、この二人の絆は固いんだなあ」と思いますよね。ペアでつける《指輪》といえば婚約指輪や結婚指輪が思い浮かびますが、婚約指輪文化の起源は古く、なんと古代ローマ時代からあったそうです。とはいえ日本に西洋の《指輪》文化が輸入されてきたのは意外と遅く、今では定番のダイヤモンドの婚約指輪も、広く知られるようになったのは1970年代以降だそうです。2位は《ストラップ》。日本メーカーが主流だったガラケーとは違い、ストラップホールがないApple社をはじめとした海外発のスマートフォン。それでも、《ストラップ》好きの我ら日本人は、本体のネジ穴を利用してホールを取り付けたり、ホール付きのスマホケースを付けたりして対応しています。常に身近な存在である携帯電話に恋人とおそろいの《ストラップ》が揺れていたら、すぐにメールや電話で連絡をしたくなりそうですね。つづいて、3位《時計》や4位《マグカップ》など、日常で使うちょっとしたものを揃えたいと思う人が多いようでした。

 あからさまにペアルックの服を着るのは罰ゲーム並みに恥ずかしいかもしれませんが、ランク・インしたような、「さりげない」おそろいなら、シャイなカップルでも抵抗がなさそうですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:34654票
投票期間:2013/11/3〜11/16
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません