師走の声が聞こえてくると、その1年を通じて起こったさまざまな出来事が思い出されます。振り返ると、思わず「買いすぎてしまった」なんてこともあるはず。「男性に聞いた、今年お金を掛けすぎたと思うことランキング」の1位はダントツで《パソコン/周辺機器》でした。2位の《株など投資》に続いて、《電化製品(パソコン以外)》が3位に入っています。今年は Windows Vistaの登場によって、「Windows Vista搭載マシン」に興味が惹かれたのかも。他にも 新型iMaciPod touchなどの発売が相次ぎ、財布の紐が緩みすぎた人も多かったのかもしれません。
 パソコンの世界では、新しい技術が日進月歩で生み出されるのが当たり前。高速化するCPU、増大するメモリ容量、大型・高画質化する液晶ディスプレイなどなど——新製品が発売されるたびに買い替えていたのでは、貯金通帳の残高もあっという間に減ってしまいます。とはいえ、 ストリーミング映像をはじめとする リッチメディアの配信が当たり前となり、パソコンに取り込むデジカメ画像の高画素化が進む昨今、古いパソコンではイライラしてストレスがたまります。「必要な性能をしっかりと見極めさえすれば決して高い買い物ではない」と思いつつ、ついついアップグレードしたり周辺機器を追加購入してしまうなんて人は要注意です。
 4位の《お酒》と7位の《合コン・飲み会》も、後になって「ああ、使い過ぎちゃった」と思ってしまうことが多いもの。《パソコン/周辺機器》のように一度に大きな出費をするものではないだけに、ついつい回数が増えてしまうのが怖いところです。年末年始は、忘年会や新年会で羽目を外すことも少なくないので、後から後悔することのないように気を付けましょう。
 注目は、9位に入った《車・車関連グッズ》。最近では、若者の車離れが話題となっていますが、その魅力は、多くの男性にとってまだまだ捨てがたいもの。11月に開催された 東京モーターショー2007では、 「NISSAN GT-R」をはじめとする、多くの人を引き付ける魅力を持ったスポーツカーが多数発表されています。来年の今頃は、新車を横目にローンの支払いにため息をつく男性が増えているかもしれませんね。
また、 「女性に聞いた、今年お金を掛けすぎたと思うことランキング」では《洋服・服飾小物》が1位にランク・イン。《パソコン/周辺機器》は11位にとどまり、男性と女性とのパソコンに対するこだわりの差が出たのかもしれません。