どんなに親しい仲でも言っていいことと悪いことがあります。それは夫婦でも同じこと。本音を素直に話せる相手だからといって、何でも口に出してしまったら相手を傷つけてしまいます。今回は「夫がキレる妻の一言」をみなさんに聞いてみました。  


 1位は《別の人と結婚すればよかった》。過度に期待してしまう女性の中には現実の夫の行動にイライラして、「もっと他にいい人がいたのでは…」と嘆く人もますが、夫を選んだのは自分であるということを忘れないでほしいものですね。2位は《もっと稼いできて!》でした。「稼ぎたい」と強く思えば稼げるものではありません。毎日精一杯仕事をしているのに、そんな心ないことを言われたら怒ってしまうのも無理はありませんよね。3位には《ホントに使えないんだから》がランク・イン。家事が大得意という男性は稀です。夫に掃除を頼んでも、皿洗いを頼んでも全部中途半端な仕上がりでイライラしてしまう女性は少なくないのでは。「中途半端でもやってくれないよりマシ」と考えるか、具体的にどこがダメなのか指摘してできるようになってもらうしかないのかも。

 夫婦とはいえ他人なので、すべて自分の思い通りに行動してくれるわけではありません。相手は突然何をするかわからない野生動物だとでも思っておけば、ほんの少しの気遣いも素晴らしく感じることができるかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:31710票
投票期間:2013/ 10/29〜11/11
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません