森永乳業株式会社がアラフィフ世代の夫婦を対象に「夫が“優しい”かどうかは、愛情の度合いに影響すると思いますか?」という質問をしてみたところ、84%の人が「そう思う」と答えたのだとか。では、夫が不自然なほど優しくなったときに、妻は何を感じるのでしょうか?


 その質問の回答の筆頭には《浮気を疑う》が入りました。セックスレス改善専門家の二松まゆみ氏によれば、夫に浮気疑惑が浮かび上がっても、「急に騒ぎ立てたり」「夫を糾弾する」のはNGなんだとか。同氏いわく、そこに陥ると夫側が「完全否定+ますます慎重に浮気を進める潜航パターン」へと進化したり、「俺が信用できないのか」と逆切れしつつ「そもそもお前の家事が下手だから」と妻を責める居直りパターンに変化する危険性があるとのこと。最悪の場合追い込まれた勢いで一気に夫婦関係の解消にまで飛躍する場合もあり、そうならない為にも冷静に情報収集することが先決だと言えるでしょう。具体的には「車の走行距離」「金遣い」などをチェックすれば事実がハッキリすることも。そして、浮気の事実が実証されても奥様が結婚生活を続けたいと考えているのであれば「今回は許してあげる」という選択肢もアリかもしれませんね。

 2位には《何かおねだりされると思う》が入りました。アジャイルメディア・ネットワークが「奥様が旦那様の説得・おねだりに気持ち良くOKする条件」を聞いたところ、最も多かったのが「お小遣いのやりくり・家計協力」であり、2位には「家族が楽しめるものを選ぶ」が、3位には「家事育児の手伝い」が入ったのだとか。もしあなたが妻を説得したいのであれば「普段からのやりくり」を実践し、「妻や家族への思いやり」を口説き文句に組み込むことが重要かもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:33937票
投票期間:2013/10/28〜11/10
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません