歌って踊れるだけではなく、トーク力やお笑いセンスまで求められるのがジャニーズアイドル達。今回は、残念ながらすでに終了してしまった番組で、「ぜひ復活して欲しい!」とみんなが思うジャニーズ出演のバラエティ番組は何か教えてもらいました。


 1位に選ばれたのは1997年から10年以上に渡って放送された《学校へ行こう!》。 「学校」をテーマにV6メンバーが現役の学生たちと触れ合い、若年層を中心に絶大な人気を誇りました。中でも看板コーナー「未成年の主張」は、学生が学校の屋上から大声で自分の主張を叫ぶものでしたが、その場で愛の告白をする人も多く、若さならではの勢いと純粋さに多くの視聴者が心打たれました。2位は2008年から放送され、今年3月に惜しまれつつも終了した《ひみつの嵐ちゃん!(ひみつのアラシちゃん!)》。嵐の看板番組はまだたくさんありますが、ゲストと和気あいあいと話す「VIP ROOM」でメンバーが思わぬ素顔を覗かせたり、お題に合った服をコーディネートして競い合う「マネキンファイブ」で意外なファッションセンスを披露したりと、他の番組では見られない彼らが堪能できたのが魅力でした。

 懐かしいのが、SMAPの人気に火がつくきっかけとなった5位《夢がMORIMORI》。1992年から1995年まで放送された番組で、タイトルの「MORIMORI」は、森脇健児と森口博子、そして元SMAPの森且行の3人の頭文字から取ったそうです。ちなみにこの番組、現在17年目を迎えている人気の長寿番組『SMAP×SMAP』の前身ですが、人気コーナー『ビストロSMAP』で着るメンバーそれぞれのコック服のテーマカラーは、『夢がMORIMORI』の企画で使ったものをベースにしているそうです。「ジャニーズ中心のバラエティ番組」というジャンルの土台を作ったSMAPですが、彼らのおかげで今日も若手ジャニーズのさまざまな表情がTVで楽しめるのかもしれません。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /10/4〜2013/10/8
有効回答者数:1,074名