国内で提供されているSNSの中でも人気が高いことで知られているTwitter。知り合い同士のコミュニケーションではLINEやFacebookがユーザーを集めていますが、見知らぬ相手と気軽に繋がれるオープン性、手軽さから好んで利用している人はまだまだ多いようですね。


 しかし、誰とでも気軽につながれるオープン性ゆえに、「この人なんでフォローしてしまったんだろう……」と思ってしまうことが多いのもTwitterの特徴といえます。そんなフォローを外したくなる人の特徴として代表的なものが、《攻撃的な発言ばかりツイートする》です。リアルな人間関係への影響を意識してしまうほかのSNSとは異なり、つながる相手が「どこかの誰か」で大半を占めることも多いTwitterでは、抑えていた自分の内面が出やすくなってしまうようですね。《わけのわからない奇声をツイートする》人や《笑えないほどネガティブな発言ばかりツイートする》人が多いのも、こうしたTwitterの特性が影響していると言えそうです。

 この特性が違った形で影響しているのが、《これみよがしに恋人の存在を匂わせる発言ばかりツイートする》や《毎日恋人との写真をツイートする》といった発言をする人の多さです。会社関係者や友人の多いSNSでは、こうした発言が嫌みに取られたり、実際の生活でそのことをネタにからかわれたりしてしまう可能性を考えてしまいますが、「どこかの誰か」が相手であれば、そんなことを気にする必要もありません。自分からすれば「どこかの誰か」に恋人がいるかどうかなんて興味はありませんし、アツアツの写真を見せられてもうっとうしいばかり。ついフォローを外してしまいたくなるのも無理はありませんよね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013/10/4〜2013/10/8
有効回答者数:1,074名