20年に一度の伊勢神宮の「式年遷宮」、60年に一度の出雲大社の大改修「平成の大遷宮」など、日本では何かとパワースポットが注目の的となっています。それにちなんで、今回は「いるだけで厳かな気持ちになれる場所」「パワーをもらえそうな場所」など、海外で一度は行ってみたいパワースポットをご紹介しましょう。


1.モンサンミッシェル(フランス)
湾に浮かぶ修道院モンサンミッシェルは、フランス有数の観光名所であり世界遺産として有名ですが、カトリックの巡礼地のひとつでもあります。

2.ワット・ラカン、バンコク(タイ)
有名なワット・プラケオの対岸に位置する寺院。信心深い大勢のバンコク市民が毎日のように参拝に訪れています。ここのお守りはご利益が高いとか。

3.セドナ、アリゾナ(アメリカ)
アメリカ先住民の聖地だったセドナは、いまでもスピリチュアルなスポットとして人気。モニュメントバレーなどと合わせラスベガスからドライブしてみては。

 パワースポットといっても、バンコクのワット・ラカンやソウルの景福宮のように宗教的な聖地から、アメリカのセドナ、オーストラリアのエアーズロックなど自然の驚異を感じるスポットまでさまざまです。また、フランスのモンサンミッシェルやバリ島のタナ・ロット寺院など、自然を活かして人の手で造られたスポットもあります。

 ここでご紹介したスポットはいずれも観光名所としても有名なところばかり。せっかく海外旅行へ行くなら、そんな力をもらえる場所をぜひ訪れてみてください。

作成:トルノス編集部