東京五輪の2020年開催決定を受け、前回の東京五輪でシンボル曲となった三波春夫の『東京五輪音頭』のCDが増産される見通しとか。そこで今回みなさんに、今回の東京五輪のテーマ曲を歌ってほしいと思う人について聞いてみました。


 東京五輪開催決定で大いに湧き上がりましたが、実際に開幕するまでさまざまなイベントで盛り上がりそうな予感。そんな場面にピッタリな人気アイドルグループ《嵐》が大差で1位に選ばれました。24時間テレビのパーソナリティを務めた彼らはどの世代にも受け入れられやすく、アクティブ+知的な要素も併せ持って、五輪を盛り上げるアイドルとしては打って付け。先輩グループ《SMAP》が5位、《ジャニーズのみんな》が8位にランク・インしましたが、いずれにしても躍動感のあるカッコイイ男性がシンボル的存在として期待されるところは非常に大きいのでしょうね。レコード大賞三連覇も成し遂げた人気実力ナンバーワングループ《EXILE》が2位にランク・イン。日本中の人々の気持ちを高揚させる力を持つ「ハイトーンで伸びのある」歌声とリズミカルなメロディに、華麗なダンスを融合したパフォーマンスが、開会式で観客を魅了する様子を容易に想像できたのでしょうね。

 五輪や世界大会などスポーツ系のテレビ特番のテーマ曲として使われた実績がある《ゆず》が3位、《B'z》が7位、《いきものがかり》が11位に。安定感が選ばれた大きな要素と思われますが、意外性と期待感で選ばれたのが14位の《初音ミク》。言わずと知れたボカロのアイドルですが、日本独自の文化として世界発信されたら、大化けする要素を秘めている“歌手”といえそうです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:24410票
投票期間:2013/9/11〜9/27
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません