劇中歌を集めたアルバムがオリコン初登場1位を記録するなど、近年例のない快進撃を続けたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』。そこで今回みなさんに、『あまちゃん』のヒロイン・能年玲奈の魅力について聞いてみました。


 今年大ブレークした女優の一人・能年玲奈は、雑誌のモデルを経て3年前に女優としてデビューし、今回大役を担ったわけですが、“能年ワールド”と評される独特の雰囲気が最大の魅力。中でも「綾瀬はるかに匹敵する」と言われている《天然なキャラ》が1位に選ばれました。先日NHKの生活情報番組『あさイチ』のプレミアトークでのやりとりを見て、「あらためて天然ぶりがスゴイ」とネット上で話題になっているとか。ヒロイン決定の際の記者会見でも「壇上に上がる階段でこけた・猫背で歩く・意味不明な質疑応答」などさまざまなエピソードを残し、「この子で大丈夫なのか?」と騒がれたよう。前述の『あさイチ』でも司会の井ノ原快彦に落ち着く空間を問われ「おうち」と答え、自宅にいる自分を「生ゴミみたい」と例えて、絶句させたとか。共演者からは「極度の人見知り」と暴露されながら、「好きなことには行動的かもしれない」という一面も明かすなど、彼女にはまだ底知れぬ魅力が隠れているようです。

 どこにでもいそうなキャラ《親しみやすさ》が2位になったように、飾らない雰囲気も大きな魅力のよう。透き通るような《笑顔》が3位、何をやっても《とにかくカワイイ》が4位、そして《キラキラした瞳》が5位と感じる魅力は人それぞれですが、『あまちゃんファン感謝祭 じぇじぇじぇ祭り!』で彼女を間近で見て悲鳴が上がったというファン心理には納得ですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:11787票
投票期間:2013/9/2〜9/9
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません