芸能界での「年の差婚」はメディアでもよく取り上げられ話題となりますが、40代女性芸能人が相手であれば「恋愛、いつでもウェルカム!」と考える10代、20代の一般男性は多いはず。そこで今回は本気で「付き合いたい!」と思う40代女性芸能人を10代、20代男性に選んでもらったところ、1位は《篠原涼子》となりました。


 先月誕生日を迎え、40代の仲間入りをした《篠原涼子》。「おやじ化した女子」を演じた『ラスト・シンデレラ』では7週間連続で視聴率をアップさせるという快挙を成し遂げ、女優としての人気はいまだ高いことがわかりますが、今回の調査で若い男性からの支持も厚いことがわかりました。恋愛コラムライターの祐天寺ヨリエは《篠原涼子》や安室奈美恵、そして今回のランキングで10位に入った《YOU》らを「いくつになってもチヤホヤ姫」と呼び、その魅力を「子供がいるとは思えない、見たまんまに若い、かわいい、美しい」などと語っています。波乱の3位には《石田ゆり子》《森高千里》《YUKI》の3人が同率でランク・イン。連続ドラマや映画の出演が多い《篠原涼子》や2位の《永作博美》に比べると、メディアで見かける機会は少ないように思える3人ですが、若者「男子」からの人気は衰えていないことがわかります。《YUKI》が6年ぶりに手がけたシングル『STARMANN』は広末涼子主演のドラマ『スターマン・この星の恋』のために書き下ろされた楽曲。ナタリーが行った同曲に関するインタビューで、《YUKI》は「昔の私は、例えば映画やドラマのテーマや物語の内容など、リクエストに応えて曲を作っていくことがとても苦手でした。でも、あるときからお題やリクエストに応えて作るということが楽しくなってきて…」と答えています。こうした心境の変化も、彼女たちのしなやかな美しさを支えているのかもしれませんね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /8/2〜2013/8/6
有効回答者数:1,046名