秋の行楽に運動会など、お弁当を持って出かける機会の多くなる今の季節。温かいものは温かく、冷たいものは冷たくサーブするのが理想の食卓やレストランと違い、「冷めてもおいしい」おかずが喜ばれます。そこで冷めてもおいしく食べられるお弁当のおかずを聞いたところ、1位は《卵焼き》になりました。


 卵を溶いて焼くだけのシンプルな料理ですが、味付けや焼き加減、巻き方などは千差万別で、「家庭の味」を代表する一品。きれいな黄色はお弁当箱を開けた時のわくわく感を高めてくれますね。冷めてもおいしい《卵焼き》ですが、難点をひとつあげるとすれば、冷めると固くなってしまうこと。時間の経った厚焼き玉子が固くなるのは加熱をするとタンパク質が固く結合してしまうことが原因ですが、これを解決してくれるのがマヨネーズ。卵4個に大さじ1杯程度のマヨネーズを入れると、冷めてもやわらかい《卵焼き》になるそうですよ。gooランキングの「お弁当特集」ではちょっと変わった卵焼きレシピのランキングも公開中なので、これからお弁当を作る予定のある人は一見の価値あり! 2位には《きんぴらごぼう》がランク・イン。大人用には唐辛子を効かせてピリリと辛く、子ども用にはハチミツなども加えて食べやすくするなど、工夫次第で味のバリエーションも付けられます。ごぼう以外にレンコンやニンジン、大根の皮やしらたきなど材料を変えたきんぴらもおいしいので、様々なきんぴらを詰めたお弁当も人気がありそうですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /8/2〜2013/8/6
有効回答者数:1,046名