サマージャンボ宝くじにスギちゃんが大当たりしたとのドイツ大衆紙の誤報に、当人は困惑した様子を見せたとか。そこで今回みなさんに、日常生活で間違えたくないものについて聞いてみました。


 顔と名前が一致しなくて困っているという人が相当多いだろうと思える《人の名前》が圧倒的1位に選ばれました。人は名前で呼ばれると、相手に心を開きやすくなるもの。学校の先生たちも「学生の顔と名前を一致させ、意識的に学生を名前で呼ぶ」ように努め、学生との信頼関係を築こうとしているようです。社会に出ても、取引先の担当者の顔と名前を覚えることは成功への近道で、特に目上の《人の名前》は間違えないようにしたいものですね。間違えてしまうと大変な時間のロスになる《待ち合わせ時間》が2位に。早めの時刻に間違えて自分が待つのはまだましな方ですが、相手を長時間待たせると最悪。特に好きな彼女を一人ぽつんとほったらかしにしてしまうと、恋心が冷めてしまうことも。携帯電話があることで逆に気が抜けてしまわないように注意したいものですね。

 テレビ番組で小学校の学力や漢字をテーマにしたクイズ番組が流行していますが、その問題で間違いに気付くこともある《漢字の読み方》が3位にランク・イン。間違いに気付かないまま大人になってしまって、職場や子どもの前で恥をかかないように勉強しよう、という衝動に駆られる人も多いことでしょうね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:10408票
投票期間:2013/7/14〜7/28
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません