ヒゲが生えたり、体毛が濃くなったり、肌が荒れたりするという女性の“オス化”。ホルモンバランスの乱れが原因だと言われていますが、ひょっとしたら日々の言動や行動も影響しているかもしれません。大雑把で乱暴な振る舞いをする女性を指す「ガサツ女子」という呼び名をご存知でしょうか? 今回はそんなガサツ女子の特徴を男性のみなさんに聞いてみました。


 1位は《語尾が「〜だっつーの!」、「じゃね?」、「だろ」》、2位は《二人称が「オマエ」や「アンタ」》でした。男性からでもこんな乱暴な口調で話しかけられたらムッとしてしまいますよね。《いつでもどこでも声が大きい》《ドアや窓のしめ方が乱暴》など、自分が出す音に鈍感な女性も少なくありません。他人に対して配慮が足りないのは、女性らしさどころか人間性を問われてしまいそうです。5位には《初対面でも年上相手でもタメ口》がランク・イン。自分は「敬語なんて堅苦しいし、相手にも使ってほしくない」という考えであっても、相手が同じ考えだとは限りませんよね。初対面の人や年下の人からタメ口で話しかけられることに不慣れな人は多く、ガサツという印象を与えてしまうようです。《ハンカチを持ち歩かず、トイレのあと髪の毛や洋服で手を拭く》《足でドアを開け閉めする》も10位以内にランク・イン。「面倒くさい」がガサツの根底にあるようです。

 忙しいと周りが見えなくなり、体力を使わず短い時間でいろいろなことを済ませたくなります。そんなときこそ自分の言動や行動に注視して「ガサツ」を食い止めたいものですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /7/8〜2013/7/9
有効回答者数:1,096名