ビールのおいしい季節がやってきましたが、今年の夏はビールにひと手間加えた「ビアカクテル」も人気急上昇中! そこで「飲んでみたいビアカクテル」を皆さんに聞いてみたところ、1位は《レッド・アイ》でした。


 ビールとトマトジュースを混ぜ合わせて作る《レッド・アイ》は自宅でも簡単に作ることができますが、今年はアサヒから世界初の缶入り《レッド・アイ》、その名も「アサヒレッドアイ」が発売されており、こちらもぜひ試してみたいもの。麦の“コク”とトマトの“旨み”ですっきりとしながらも複雑でコクのある味わいが特長、さらに今年12月末までと出荷予定期間も限定されている…と聞けば、まずは飲んでみるしかないのでは? 2位に入ったのは《カルピス・ビア》。「ダブルカルチャード」とも呼ばれるこのビアカクテルは、グラスに入れた30mlのカルピスにビール150mlをゆっくりと注ぎ込み、軽く混ぜ合わせるというのが基本的な作り方。カルピスはこの他にも焼酎プラス炭酸水と合わせたり、シャンパンと合わせたりという飲み方もあるそうで、この時期にカルピスボトルを冷蔵庫に1本置いておけば子どもも大人も重宝しそうです。

 ビールの爽快感はそのままに、低アルコールや口当たりの良さでお酒の弱い人やビールが苦手な人でも飲みやすいビアカクテル。今年はキリンが「キリン一番搾り」の新しい飲み方として「一番搾りツートン<生>」という2層のビアカクテルを打ち出すなど、ビール各社も推しています。Web上で検索すればレシピもたくさん出てくるので、まずは自宅でオリジナル・ビアカクテルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /5/2〜2013/5/5
有効回答者数:1,088名