櫻井翔が、連続ドラマ『家族ゲーム』で演じている家庭教師役について「ズバズバ言うキャラクター。普段も周りに毒づきそうになるので抑えながら生活してます」とコメントしたのだとか。そこで今回は「毒づきキャラ、かなりイケそうな若手俳優といったら誰?」という質問してみたところ、1位には《二宮和也》が入りました。


 《二宮和也》は、gooの「毒舌も似合う俳優は?」でも1位に入っています。3月公開の映画『プラチナデータ』では自信家な天才科学者・神楽龍平を熱演し、犯人の風貌や性格について淡々と息継ぎも短く話し続ける“冷たい口調”を披露。《二宮和也》いわく「僕の嫌いなタイプの人をイメージして演じた」そうで、これまでの好青年役とは180度違う役柄に正直驚いたファンも多かったかもしれません。ただ、犯罪心理学専門の桐生正幸先生の心理テストでは「(二宮和也は)マイペースな人と見られがちだが、大変真面目で素直なタイプ。他人を疑わず誠実に人に接する人。子犬のような可愛らしさがある」という、従来のイメージを覆さない結果が出ています。さらに、向いている職業の解析では「子どものような好奇心で宝を探しまわるアクティブな考古学者」と出ていますから、映画『インディ・ジョーンズ』シリーズにおける博士のような役が実は適役なのかもしれませんね。

 2位は《松本潤》がランク・イン。gooの「ツンデレ王子様役、似合う俳優は?」「ドSキャラが似合いそうな俳優は?」でも1位に入っています。これには、『花より男子』で演じたわがままな御曹司・道明寺司のイメージが影響しているのかも。ただ、相葉雅紀いわく「(松本潤は)以前風邪をひいたとき薬箱の中から『これ飲みな』って漢方っぽい薬をくれた」と語っていることから、プライベートの《松本潤》は優しい性格なのかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:8514票
投票期間:2013/4/12〜5/3
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません