ボケとツッコミが漫才コンビの王道ですが、コンビの片方だけがブレイクしてしまうということもよくある話。そこで今回はみなさんに、最近それぞれピンで活動しているのを見る機会が多いなと思うお笑いコンビについて選んでもらいました。


 トレードマークのめがねと髪型で見るからにオタクっぽい山ちゃんと身長182cmの大柄ながらボソボソ話すしずちゃんのコンビの《南海キャンディーズ》が圧倒的1位に選ばれました。結成2年目で『M−1グランプリ』2位になるなどコンビとしても人気がある二人ですが、AKBじゃんけん大会のレフェリーや日本テレビ系の番組で天の声を務めるなど独特のしゃべりで活躍の場を広げる“山ちゃん”に対し、シャンプーのCM出演をはじめ映画やドラマでも女優としても活躍する一方、昨年はボクシングでオリンピック出場を目指すなど多彩な才能を見せる“しずちゃん”。それぞれの活躍で《南海キャンディーズ》をもっとおもしろくし、コンビ解消だけは避けて欲しいものです。2位には高学歴を売りにする《ロザン》がランク・イン。京大出身の「宇治原史規」が「ロザン宇治原」としてクイズ番組での活躍が目立ちますが、相方「菅広文」とコンビ出演で活躍して欲しいものですね。ちなみに《ロザン》というコンビ名の由来は漫画『聖闘士星矢』に登場する必殺ワザから来ているとか。3位には俳優として「塚地武雅」の活躍が目立ちがちの《ドランクドラゴン》が入る結果となりました。 調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施  投票数:10329票 投票期間:2013/1/21〜2/3 ※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません