席替えで席が近くなったり、遠足で班が一緒になったりしたらもうウキウキ…。小学生時代の恋愛ってほのぼのして可愛いものですよね。しかしモテる子は偏るもので、クラスの半数が同じ子を好き、なんてことも…。今回は、小学校時代にモテた男子の特徴を聞いてみました。


 モテ男子の特徴1位は《足が速い》こと。男女一緒の体育の時間や運動会など、運動神経がいい生徒の見せ場が多い小学校時代。俊足自慢の男子は当然のようにクラスのヒーローでした。テクニックで差がつく球技などと違い、かけっこは基礎運動能力がものを言うイメージが強いですが、「股関節をダイナミックに動かして走る」などちょっとしたコツで速く走れるようになるそうですよ。2位は《顔がかっこいい》こと。テレビ番組『世界一受けたい授業』でも「赤ちゃんも美人の方が好き」という調査結果が出ていたので、これはもう人間の本能なのかもしれませんね。リーダーシップがあって気遣いができる3位の《みんなに優しい》男子も、女子に人気でした。

 小学生時代は派手で目立つ人がモテる傾向にありますが、年齢が上がると、昔は「その他大勢」だった男性にもチャンスが訪れます。おとなになると「女性にマメ」「気前がいい」「聞き上手」などもモテ要素になりますよね。むしろ、小学生時代に苦渋をなめた男子のほうがモテるための努力をして、立場が逆転していることも少なくないかもしれません。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2012/12/7〜12/8
有効回答者数:1,059名