不況の影がいまだ世界を覆っている感のある昨今。お財布事情は厳しいけれど、そんな状況を人には知られたくない。だからこっそり、ケチな行動を…。大っぴらにはしていないけれど、実はみんなが実行しているケチな行動の1位は《クーポンが使える店に行く》でした。飲食店はもちろんのこと、美容室にカラオケ、ブランド品のリサイクルにスクールなど、クーポンが使えるお店は今や様々なジャンルにわたります。パソコンや携帯を使ってインターネット経由で簡単に利用できるクーポンは、不景気な時代の強い味方。2位は《服は基本的にバーゲンでしか買わない》。女性は男性に比べて服や靴などの服飾費の割合が多いといわれています。だからこそ、服飾費をどのくらいセーブできるかが家計に与える影響は大きいもの。最近は一年を通して一部製品を値下げして売っているお店も多く、「バーゲンでしか買わない!」と決めている女性にとっては買い物しやすくなっているのかも。ただしバーゲン品を買ったはいいけれど結局着なかった…という無駄遣いには要注意。

 人に言うのは気恥ずかしいケチな行動でも、その結果貯まったお金で好きなものが買えるならそれでOK! さらなる節約事情を探るべく、給料日前の節約方法や女性がついお金を使ってしまうポイントについて知るなら、gooの「お財布をうるおすマネー術」特集もぜひチェックしてみてくださいね。