車には、どことなく男性向けやファミリー向けといったイメージがありますが、女性にとっても車は身近な存在のはず。ビジネスに、子どもの送り迎えに、日頃から車を運転している女性にとって、車の機能面での一番の悩みは何なのでしょうか。ワガママな質問も含めて「女性からみて車に追加して欲しい機能」を調査したところ、《運転席でも日焼けしない》が2位の《減らないタイヤ》に大差をつけて1位になりました。
 日焼けは女性の天敵。日差しの強い日に運転をすると、前から横から強い 紫外線の攻撃を受け、しかも日の当たる運転席側の肌だけ焼けてしまうという悲惨な状態に陥ってしまいます。手袋やサングラス、日焼け止め等で完全ガードという選択肢もありますが、見た感じかなり怪しい…。最初から《運転席でも日焼けしない》機能がついていれば、日焼け防止の手間も省けるのでありがたいですよね。その他にも《肌がうるおう(アロマミスト装備)》や《足がむくまない》といった美容に関する項目が10位以内にランク・インしています。また、《手が汚れない、給油口》や《自動オイル交換》も、洋服や肌を汚したくないという女性ならではの発想といえそうです。
 意外と順位が低かったのが《ハイヒールでも運転できる車》。運転する際には“靴を履きかえている”又は“ハイヒールでは出かけない”など工夫している方はよいのですが、“ハイヒールでも危険とは思っていないから”という理由であれば困りもの。 ハイヒールが自動車事故の原因になっているケースが多い、という調査結果もあるそう。ハイヒールだけでなく、サンダル、底の柔らかい靴、厚底靴や裸足での運転も同様に危険ですのでご注意を。《乗るとやせる》は惜しくもベスト10を逃しました。さすがに乗っているだけでダイエットというのは無理、と思ったのかも。
 11月11日まで一般公開されている 「第40回東京モーターショー2007」では多種多様な車を目で見て体感して楽しむことができますので、お時間のある方はぜひ、足を運んでみては? その場にいる車のメーカー関係者に“こんな機能があったら嬉しいんだけど…”と感想を言ってみれば、日本が誇る技術力によって数年後には実用化されてしまうかもしれませんよ。