朝起きたら、まずは新聞に目を通すことから一日がスタートする人は多いのでは。近頃はネットの普及にともなって新聞を取らない人も増えているという話もありますが、今回はみんなが新聞を読むとき、どの面から読むかを聞いてみました。


 圧倒的に多かったのが1位《テレビ・ラジオ欄》という回答でした。地デジ化により番組表がテレビで見られるようになっても、やはりその日の情報は新聞で確認したいという人が多いようです。2位は、新聞各社が渾身の力を込めたトップニュースが載る《1面》。世間を騒がす大きなニュースは、とりあえず押さえておきたいところです。第1面の見出しは売店のスタンドからでも見えることが多いですが、トップ記事のセレクトやその見せ方で、新聞各社のカラーの違いがわかっておもしろいものです。3位は《新聞、読んでません》という回答。ネットが普及し情報源が無限にあるなかで、あえて有料の紙媒体を読む必要もない…と考える人も確実に増えているようです。ベネッセが行った幼い子どもを育てる保護者を対象としたアンケートでも、「新聞を購読していない」という回答が約3割にも及んだそう。若者だけでなく、子育て世代でも新聞離れが進んでいるのですね。7位の《漫画欄》は、テレビ・ラジオ欄の裏面にあることが多いのですが、『サザエさん』や『コボちゃん』などの国民的な名作も新聞の連載漫画です。新聞漫画には当時の時事ネタが反映されているので、古い作品を読むと、当時何が話題になっていたのかがわかります。
 新聞には、社会を揺るがす事件から生活の知恵まで、さまざまな情報が盛りだくさんです。ちゃんと読んだことがないという人は、池上彰が新聞の魅力を書いた『池上彰の新聞活用術』などを読んで参考にしてみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:9299票
投票期間:2012/10/20〜11/3
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません