もはや国民食といっていい私達の定番メニュー、カレーライス。カレーハウス『Coco壱番屋』は世界各国に進出して人気を博すなど、そのおいしさは海外でも注目されています。スパイシーなカレー味はさまざまな食材にマッチしますが、今回は、カレーライス以外のカレーメニューといえば何か、みんなに聞いてみました。

 もともとあるものを組み合わせて新しい味を創り上げるのは日本人の得意技らしいですが、1位は日本の食文化の代表格のひとつ、「うどん」とカレーのコラボレーション《カレーうどん》です。和風だしの効いた濃厚なつゆにうどんを絡め、一気にすすりあげるれば至福のおいしさ! ただし、白い服を着ているときにはつゆがはねないように注意が必要です。2位は揚げたてが特に絶品、サクサク衣がたまらない《カレーパン》。昭和初期に東京のパン屋さんが考案したそうです。そして3位《カレー南蛮》、4位《ドライカレー》などおなじみのメニューとともにランク・インしたのは、6位《スープカレー》。「スープカリー」が正式名称で、1990年代に札幌で生まれてブームを巻き起こし、今や全国的にすっかり有名になりました。北海道旅行に行ったら《スープカレー》を必ず食べたいと思っている人も多いのではないでしょうか。
 それにしても、カレーを使ったメニューのバリエーションは本当に豊富です。ランキングを眺めているだけで、だんだんカレーを食べてきたくなったのではないでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:26430票
投票期間:2012/10/5〜10/19
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません