滝沢秀明が約3年ぶりに出演するドラマ『悪党』が今月30日に放送されます。犯罪被害者の遺族という難しい役柄に挑むということで期待が高まっているそうですが、今回は滝沢秀明が過去に主演したドラマでもう一度見たいものはどれかを聞いてみました。

 2位以下を引き離し1位となったのは《魔女の条件》。1999年4月から6月まで放映されたこのドラマは、女教師の広瀬未知(松嶋菜々子)と、滝沢演じる男子高校生黒澤光との禁断の愛を描いたもの。未知と光が図書室で一夜を明かすシーンや、未知が光の子どもを妊娠するなど、ドキドキの展開に目が離せなかった人も多いのでは!? 2位には《アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜》が入りました。滝沢は、目の負傷が原因でプロボクシングを引退し、ふとしたきっかけで洋菓子店『アンティーク』の店員として働くことになった神田エイジ役を好演。このドラマは辛党なのにケーキ店のオーナーになった橘(椎名桔平)や、不思議な雰囲気を持つ天才パティシエ小野(藤木直人)、さらに途中から店員になる小早川(阿部寛)とイケメンばかりが揃う店と話題に。来店する客の恋愛模様にも注目が集まりました。
 3位には、《木曜の怪談》がランク・イン。滝沢の初主演作となった本作は、祖父の作った人工知能・クラスターの助けを借りてさまざまな怪奇事件に立ち向かう少年少女の活躍を描いたもの。後の『タッキー&翼』でコンビを組むことになる今井翼との共演も話題を集めました。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:14611票
投票期間:2012/9/28〜10/5
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません