9月から全国ツアーを行っている関ジャニエイト。その初日となる東京公演で、メンバーの丸山隆平が「1曲目で感極まって泣きそうになった」と話していました。そこで、今回は一番涙もろそうな関ジャニメンバーは誰かについて聞いてみました。

1位は《安田章大》という結果に。Yahoo!知恵袋で、「関ジャニ∞の安田章大くんが泣いたという番組があるみたいなんですが、 それは何の番組なのでしょうか」という質問に対し、「出されたショートケーキの上のイチゴを渋谷すばるに取られて泣いた」や、「大好きな槙原敬之がゲストで出た時に槙原がアカペラで歌っているのを聴いて涙ボロボロ出して泣いた」などの回答が。番組内でもたびたび涙を見せているらしい《安田章大》だからこそ、「涙もろそう」という印象が強いのかもしれません。順位は5位にとどまった《大倉忠義》は、2013年公開の『100回泣くこと』という映画で単独初主演が決定しています。映画の中で、どんな涙を見せてくれるのか今から楽しみですね。
 ところで、涙もろい男性を女性はどう思っているのでしょう。スゴレンでは「女の子をキュンとさせる『男の涙』9パターン」と題し、女子の視点から見た男性の「涙」を解説。これによると、「大事な試合で負けて悔しがりながらこぼす涙」や「信じていた女の子にウソをつかれたショックで、ポロリとこぼれる涙」などは、女性に受け入れられやすいよう。女性に比べて泣くことが少ないイメージのある男性だからこそ、その「泣き方」に、余計に注目が集まってしまうのかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:13342票
投票期間:2012/9/19〜9/26
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません。