甘くてほろ苦い恋の思い出の一つといえば、ファーストキス。人によって年代もシチュエーションもさまざまなはずですが、今回はみんなの記憶に残っているファーストキスはいつかを聞いてみました。

 一番多かったのが《高校生》という意見。3位の《中学生》と5位の《大学生》、6位の《幼稚園・保育園》、7位の《小学生》と合わせて、6割を超える人が20代のはじめ頃までにファーストキスを経験していることになります。その味はというと、2009年にオリコンが実施したアンケートで、レモンを上回りイチゴと答えた人が最も多かったことがわかりました。同調査によると世代別では、中・高生、専門・大学生、20代社会人でイチゴが1位(20代社会人ではレモンも1位タイ)。30代40代ではレモンが1位という結果になっています。キスの味にも世代によって違いがあるのですね。
 一方、2位には《まだ経験がない》がランク・イン。4位に《社会人〜30歳》が入っていることから、ファーストキスに慎重な人も少なくないことがわかります。日本性教育協会が1974年から青少年を対象に実施している『青少年の性行動全国調査』によると、男女ともに1993年から2005年までキス経験率が上昇していたものの、2011年では一転して減少しているという結果に。調査では男性の中に恋愛や性行動に対して積極的でない、いわゆる草食系男子の増加がキス経験率の低下に繋がっているのではとしています。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:36818票
投票期間:2012/9/6〜9/19
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません。