県民性がテレビのバラエティ番組などで取り上げられることが増えています。「あの県にはこんな人が多いなぁ…」と各都道府県の傾向を示す県民性。“美人が多い”、“ケチな人が多い”など、真偽は定かではないにしろ大勢の人が抱きがちなイメージってありますよね。そこで今回は「面白い人」が多い”と思う都道府県をみなさんに聞いてみました。

 1位に選ばれたのは《大阪府》でした。吉本興業の本店があり、大阪出身のお笑いタレントも大勢活躍しているので“笑いの聖地”というイメージが強いですよね。他の都道府県に比べて《大阪府》では、どんなイケメンよりも「面白い人」のほうが知的で気が利くと思われ女性にモテるという噂もあります。小さなころから面白いことに敏感で、笑いにシビアな環境で暮らしているからこそ面白い人が多いのかもしれません。
 2位には《沖縄県》がランク・イン。ダチョウ倶楽部のリーダーの肥後克広やスリムクラブの二人、山田親太朗や具志堅用高などマイペースなイメージの出身有名人が目立ちます。《沖縄県》の温暖な気候や海が育む気質なのでしょうか。続く3位は《兵庫県》でした。ダウンタウンの二人や陣内智則、東野幸治など売れっ子のお笑いタレントが出身ということもあり、面白い人が多い印象なのかもしれませんね。
 関西地方が上位にランク・インした今回のランキング。みなさんの予想は当たりましたか? ツッコミがうまい人、天然な人、リアクションが大きい人など様々な種類の「面白い人」がいますが、身近に発見したら出身地を確認してみてはいかがでしょうか。今回のランキングの順位が新たに塗り替えられることがあるかも…!?