時代とともにめざましい進化を続けるテレビゲーム。楽しく遊んでいるうちにいつの間にかムキになり、友達とのケンカに発展してしまうことも…。そこで今回は、「友人と遊びと必ずけんかになるテレビゲーム」について聞いてみました。

 もっとも多く回答が寄せられたのは《桃太郎電鉄シリーズ》。通称「桃鉄」で親しまれるこのゲームは、サイコロを振り、各地を巡りながら資産を増やしていくテレビゲームです。途中でさまざまなイベントが起こるなど、飽きずに長く楽しめる工夫が満載。しかし自分が勝つためにはどうしても相手に攻撃をしかけなければならないため、ふと隣を見ると「うわ、本気で怒ってる…」なんていうことにもなりがちです。スピード重視の対戦型アクションゲームと違い、ジワジワと時間をかけて攻めていく分、やられたほうのダメージはより大きいのかもしれませんね。
 2位の《マリオカートシリーズ》や3位の《大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ》は、どちらも任天堂から発売されている対戦型アクションゲーム。これまた順位を争うのがメインになるだけに、どうしてもけんかになりやすいようです。ちなみに、2008年に発売された『マリオカートWii』は、ゲーム市場調査などを行うエンターブレイン社の発表によれば、「2008年日米英3ヵ国統合の年間ゲームソフトランキング」第1位にランク・インしています。海外の人たちも、このゲームで遊ぶと必ずけんかになるのでしょうか? そのほか《ストリートファイターシリーズ》《ぷよぷよシリーズ》など、お馴染みの顔ぶれもランク・イン。どれも名の知れた人気ゲームだけに、夢中になるうちについつい熱くなってしまうのかもしれませんね。