特に激しい運動をしたわけでもないのに、なぜか筋肉痛になってしまいショックを受けた経験はありませんか? 今回は、そんな「筋肉痛になってショックを受けたことのある行動」について聞いてみました。


 1位は《買い物で長時間歩く》でした。買い物をすることは日常生活に欠かせないものですが、5位の《買い物で重たい荷物を持つ》と合わせると、買い物で筋肉痛になったと答えた人の割合は全体の3割以上という結果に。日常的な「買い物」という行為で筋肉痛になっている人は、意外にも多いことがわかります。その他上位には《階段の上り下り》《子どもを抱っこ》《自転車に乗る》がランク・イン。どれも、普段の生活に欠かせない動作ばかりですね。
 こんな困ったことにならないためにも日頃からの運動が大切です。普段から筋肉を鍛えておけば筋肉痛になりにくくなるそうですが、忙しい現代社会では運動する時間がとりにくいもの。そこで、最近注目が集まっているのが8位にランク・インした《ラジオ体操》す。産経ニュース「見直される『ラジオ体操』 肩こり・腰痛改善、脂肪燃焼…」によると、ラジオ体操は速い動きやストレッチをうまく組み合わせており、3分ちょっとで全身にある400種類以上ある全身の筋肉をまんべんなく動かせるとのこと。これなら忙しい現代人にぴったりですね。ただし、効果を得るにはポイントを押さえ正しく行うことが重要なのだそうですよ。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:14546票
投票期間:2012/9/3〜9/16
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません。