同名人気コミックを映画化した『愛を歌うより俺に溺れろ!』の舞台挨拶で人気K-POPグループ、大国男児カラムが「異性になれるとしたら?」の問いに「スカートをはいて原宿を歩いてみたい」と答えたとか。そこで今回、みなさんに「男子にもためして欲しい女子アイテムは?」と聞いてみました。


 1位は《化粧品》でした。化粧は女性のたしなみ、特権、専売特許…などが一般的な意見かもしれませんが、ここ数年男性用《化粧品》の市場が広がっているとか。スキンケアやメンズコスメに詳しい男性美容研究家の藤村岳によれば、10代後半から20代の男子は“もっとキレイになりたい”、30代から40代のビジネスマン世代は“若々しい印象を与えたい”という気持ちから化粧する傾向にあるようです。現在では男性用《化粧品》も増えており、スキンケアやヘアケアだけでなく、コンシーラーやファンデーション、フェイスパウダーなどメイクアップ用の《化粧品》なども販売されています。「メイクアップは女性だけのものにあらず」という時代になりつつあるのかもしれませんね。
 2位は《スカート》。男性の腰衣といえば、スコットランドの民族衣装“キルト”を思い浮かべる人も少なくないのでは? しかしながら、キルトは一足型のボトムスで形状こそスカートと似ていますが、日本の男性用の着物や浴衣をスカートと呼ばないようにキルトもキルトでしかなく、スカートでもメンズスカートでもないというのが事実でキルトを扱うサイトなどでも注意喚起されています。男子のスカート文化としては、近年スカート男子が話題になり、メンズスカート専門ECサイトなどもオープンするなど新しい男性ファッションとして注目されたものの、まだスカート=女性の一般的な風潮は変わっていなさそう。
 その他は、男性も素肌の紫外線対策に《日傘》、「母をたずねて三千里」の主人公、マルコの衣装が有名(?)な《ポンチョ》、AKB48の歌にもあった髪の毛を押さえる装身具《カチューシャ》などが上位にランク・インしています。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:7220票
投票期間:2012/8/26〜9/2
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません