筆記具や知育玩具を製造・販売するパイロットインキが、親子がお風呂場で楽しめる「バスゲー」でオモチャ業界に参戦。お風呂で親子の絆を深めたい人にモッテコイですが、楽しくてのぼせそう…。そこで今回、みなさんに「お風呂でする、お風呂以外のことは?」と聞いてみました。

 《特に何もしない》で普通にお風呂はお風呂として入るという人の意見が1位を獲得。続く2位はお風呂と一緒に歯磨きを済ませてしまうという《歯磨きをする》でした。3位にはお風呂で《マッサージをする》がランク・イン。お風呂で温まりながらのマッサージは、むくみや便秘を解消するだけでなく、気になる下腹をすっきりさせ、さらには美脚までに手に入れられるとか。4位以下は《子どもと会話する》《歌を歌う》《読書》が続きました。《寝る》という意見も10位に食い込んでいますが、湯船につかりながら寝てしまうと死亡事故に繋がる危険性があります。入浴中の死亡事故は高齢者に多いそうですが、それでも年間約14,000人もの人が亡くなっているというデータがあります。これは交通事故死(年間約10,000人前後)よりも多いとか。お風呂では寝ないように心がけたいですね。
 お風呂は、湯船にゆっくり浸かって一日の疲れと汚れをデトックスしながら身体をリフレッシュして、心もリラックスしたいという人もいれば「忙しいからシャワーで十分!」という人もいるでしょう。マイナビニュース会員500人を対象としたお風呂に関するアンケートで「あなたは、入浴派?シャワー派?」の問いに対し、入浴派は55%、シャワー派は41.6%という結果でした。入浴派が過半数以上でしたが、その理由としてはやはり「疲れがとれるから」が圧倒的に多かったようです。またシャワー派の理由は「ぱぱっと済ませたい」といった意見が多かったとあり、入浴派とシャワー派それぞれの価値観に違いのあることがわかります。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:12173票
投票期間:2012/8/8〜8/22
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません