カレーライスと共に「日本の国民食」と呼ばれるようになって久しいラーメン。ご存じのようにそのルーツは中国にありますが、日本で独自の発展を遂げ、今では本場・中国でも「日式拉麺」として知られるようになっています。


 国民食として広く親しまれていることもあり、日本では全国津々浦々に数え切れないほどのラーメン屋が存在します。そんなラーメン屋の中でも、チェーンとして人気が高いのはどこかを聞いてみたところ、1位に選ばれたのは《長崎ちゃんぽんリンガーハット》でした。同チェーンで扱っているのは一般的なラーメンとは異なり、炒めた具材と麺をスープで一緒に煮込む「ちゃんぽん」ですが、多くの人にとってはあまり気になるポイントではないようです。
 続いての人気は、福岡に本店を構える《一風堂》でした。こちらは九州地方ならではの豚骨スープを特徴とするラーメンチェーンですが、豚の臭みを取り除いたマイルドな味わいは、豚骨ラーメンに苦手意識を持っていた層からも支持されているようですね。3位には、僅差で京都発祥の《天下一品》がランク・インしましたが、こちらは《一風堂》とは対照的にドロリと濃厚なこってりスープが特徴。マイルドなスープの《一風堂》とこってりスープの《天下一品》が共に高い支持を得ているというのは、日本のラーメンファンの層の厚さを感じさせますよね。