世の中には数え切れないほど多くの漫画が存在しますが、その中には、一つとして設定が全く同じという漫画はありません。そんな漫画の数だけ存在する設定の中でも、特に優れているとされているのは、一体どんな設定なのでしょうか。

 漫画の設定の中でも、特に人気が高いのが、『週刊少年ジャンプ』で2003年から2006年にかけて連載されていた人気コミック『DEATH NOTE』の《デスノート》です。『DEATH NOTE』は、「誰かの名前を書き込むと、本当にその相手が死んでしまう」という不吉な《デスノート》を手に入れた高校生と、どんな難事件も解決してしまう名探偵がお互いのすべてをかけて頭脳戦を繰り広げるスリリングな展開が特徴の作品。原作漫画はもちろん、アニメや実写ドラマ、映画でも高い人気を集めたこの作品の1位は納得の結果といえそうです。
 続いて人気が高かったのは、人気作家・鳥山明の代表作『ドラゴンボール』に登場する《ドラゴンボール》。この設定は、世界中に散らばっている7つすべてを集めると「神龍(シェンロン)」が現れ、どんな願いでも叶えてくれるというもので、作中では主人公・孫悟空が《ドラゴンボール》を求めて仲間たちと壮大な冒険を繰り広げる姿が描かれています。本作には、この《ドラゴンボール》の設定以外にも、実は宇宙から来た《サイヤ人》だった悟空が覚醒を経て《超サイヤ人》にパワーアップするという設定が存在し、バトル漫画としての色合いをより強めていった「サイヤ人編」以降は、この設定によって大きな盛り上がりを見せました。

 このほかにも少年漫画の金字塔『ONE PIECE』の《悪魔の実》や、『ジョジョの奇妙な冒険』の《スタンド》などがランク・インしていますが、どれをとっても設定を一目見ただけでどんな作品なのか気になってしまうユニークなものばかり。作者をはじめとする作品関係者たちの豊かな想像力には、本当に感心させられるばかりですね。