男性は妙にプライドが高く傷つきやすい生き物である、というのはよく言われている話です。すべての男性がそうとは言いませんが、自分の周囲の男性を思い出したときに、「ああ、そういえばあの一言で空気が悪くなっちゃったな」なんてことは多いのではないでしょうか?

 そんなガラスのハートを持つ男性の心にグサリと刺さる「言ってはいけないセリフ」として筆頭に挙げられたのが、《つまらない男だね》です。このセリフは全否定というよりも、その場での発言や行動を指す文脈で使われることが多いように思いますが、言われた男性の側からすれば、自分のすべてが否定されたような気持ちになってしまうのは仕方が無いところです。もちろん、こうしたセリフは女性に対しても「○○な女だな」と使われることがありますが、女性には男性と違って「何言ってんの、コイツ」と切り捨てられる強さが備わっているように感じます。

 続く《使えない男だね》や《ちっさい男だね》も使われ方としては同様の文脈で使われることが多いようですが、「男とはかくあるべき」という強いイメージを持っていることが多い男性は、こうしたセリフをついストレートに受け止めてしまう傾向があるようですね。調子に乗りすぎた男性へのお灸としては効果的かもしれませんが、メンタルの弱い男性に何度もこのようなセリフをぶつけていると、ポッキリ心が折れてしまうかもしれません。女性の皆様はくれぐれもご注意を。