イモ欽トリオがデビュー31年目にして「初コンサート」を行ったと話題になりました。イモ欽トリオの他にも、3人組ならではの味のあるユニットはたくさん存在していますが、今回はみんなにお笑いトリオといえばどのグループを選ぶのかを聞いてみました。


 数あるお笑いトリオの中で1位となったのは《ネプチューン》でした。《ネプチューン》は『ネプリーグ』『サタネプ☆ベストテン』など数々の冠番組を持ち、どれもがゴールデンタイムの人気番組となっています。本業のお笑いのみならず、堀内健は自身が作詞した『黒夢がやってきた』で黒夢とのコラボレーションを実現し、名倉潤はステーキの店「ステーキなぐら」のプロデュースを、原田泰造は4月に放送開始となったNHKの『情報LIVE ただイマ!』でメインキャスターを務めるなど、各自が活動の幅を広げています。先日堀内健が結婚披露宴を行いニュースとなりましたが、出席した出川哲郎は3人のトリオ愛に感動したと明かしたそう。人気と実力もさることながら、メンバー同志の絆の強さがうかがえる《ネプチューン》だからこそ1位に選ばれたのかもしれません。

 2位には“リアクション芸人”の代表格である《ダチョウ倶楽部》がランク・イン。森三中大島美幸が「ダチョウさんみたいになりたい」と公言しているように、今もなお体を張ったギャグで笑いをとる《ダチョウ倶楽部》はトリオとしてリスペクトされる存在のようです。


調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:17658票
投票期間:2012/4/18〜4/25
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません