自ら歌う歌の作詞、作曲を自分で行う歌手が 「シンガーソングライター」。“作詞のみしかしていない場合にはシンガーソングライターとは言わないことが多い”など諸説あるようですが、聴く側にとっては他の人に制作された曲よりも歌っている本人によって作られた歌のほうが、気持ちが込められた曲として心に響いてくるものがありますよね。数多くいる男性シンガーソングライターの中、総合・ 男性のランキングでは《桑田佳祐》が一番人気という結果になりました。
 《桑田佳祐》は サザンオールスターズのボーカルを務めつつ、『波乗りジョニー』『白い恋人達』などの曲でソロとしても大活躍。今年は約5年ぶりにソロ活動を再開し 『明日晴れるかな』で大ヒットを記録。8月22日には 『風の詩を聴かせて』を発売予定です。ある雑誌では「ポップスの神なる称号」を与えられているにもかかわらず、CMやトークでは三枚目で親しみやすいキャラクターであることが、彼が多くの人に好感を持たれる理由なのかもしれません。 女性のランキングで1位に入り、トークの軽快さもさることながら、その日本人離れした顔立ちにも思わず注目してしまう《平井堅》は《桑田佳祐》の大ファン。《桑田佳祐》の自宅の門の上に「コーラスでいいので雇ってください」とメッセージを添えたデモテープを置いていった経験すらあるのだとか。
 男女別でみると、男性のランキングでは《井上陽水》《長渕剛》《松山千春》など個性的なキャラクターと歌声が印象に残る歌手が上位にランク・インしているのに対し、女性のランキングでは《槇原敬之》《スガシカオ》《山崎まさよし》のようにしっとりとした曲を歌うアーティストが上位に入っていました。
 さて、気になる「好きな女性シンガーソングライターランキング」は明日発表予定です。1位に輝くのは最近何かと話題の多いあの人? それとも定番の…?こちらのランキングもお楽しみに!