2012年1月に俳優・松山ケンイチとの間に男の子を出産した小雪が、子どもの顔について「顔は上の方が私、下の方は夫に似ている」とコメントしたとか。よく「男は母親、女は父親に似る」と言われますが、それは本当なのでしょうか?

 今回「あなたの顔、親にどう似てる?」と皆さんに聞いてみたところ、1位になったのは《全体の雰囲気が父6104》、2位になったのは《全体の雰囲気が母》という意見でした。顔の個々のパーツにくらべ、「骨格」は遺伝の影響が大きいそうなので、大人になるにつれ体全体の雰囲気が親に似てくるのかもしれません。ちなみに、「男は母親、女は父親に似る」ということに関しては、科学的な証明は難しいそうです。3位になったのは《パーツごとに違う》という意見。顔の表面にあるパーツで遺伝的要素が強いのは「鼻の高さ」と「唇の形」だとか。「顔の輪郭」も遺伝の影響が強く表れる部位ですが、固い物を食べるのが好きな人はアゴが大きく発達するなど、個人の生活習慣によって大きく変わってきます。同じ遺伝子の一卵性双生児も、生活習慣や環境が異なれば違う顔になってゆくそうですので、もし「気に入らない」部分を親から譲り受けてしまったとしても、努力次第で少しずつ変えることができるかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:19109票
投票期間:2012/2/24〜3/2
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません