「ハンカチ王子」こと《斎藤佑樹》の登場以来、いまや空前の王子ブーム。ゴルフ界では《石川遼》が 「ハニカミ王子」、古田幸希が 「ぽっちゃり王子」と呼ばれるなど、スポーツ界で若きスターが誕生する度になぜか「○○王子」と名づけられるようになっています。そんな「王子の中の王子」を調べてみたところ、1位には《及川光博》、2位には《Gackt》と芸能界の有名王子がランク・インしました。
 見事、王子1位の座に輝いたのは、「ミッチー」の愛称で親しまれる《及川光博》。ミュージシャン、俳優として活躍中の彼は、今年38歳とちょっぴり大人になりました。彼はファンを非常に大切にし、ファンから届いたメッセージはどんなに時間がなくても全てに目を通すことにしているのだとか。忙しい自分を犠牲にしてまで周囲を大切にする姿勢は、理想の「王子」そのものです。女性のファンを「ベイベー」、芸能界の女性の友人に対しては、「下の名前+ベイベー」、と呼ぶのも《及川光博》ならではの独特なパフォーマンスに痺れる人多数。2位の《Gackt》は公称1540年7月4日生まれ(つまり、今年467歳!!)。甘いマスクとトークのおもしろさでファン層を広げ、大河ドラマにも登場しています。地下2階地上2階の豪邸に住んでおり、ベッドは特注のスーパーキングサイズの側には噴水までついているのだとか。まさに王子な生活ですね。
 外国勢は、サッカー選手の《ベッカム》が4位、韓流スターは伸び悩みました。ジャニーズきっての王子キャラ《堂本光一》は5位、 THE ALFEEの《高見沢俊彦》がベスト10入りを果たしています。芸能界やスポーツ界に続々と登場する王子様たち。あなたにとっての王子はランキングに入っていましたか?