ボクサー出身タレントの草分け的存在であり、多方面でその強烈なキャラクターを披露しているガッツ石松。彼がバラエティー番組などで残してきた数々の発言には「迷言」とでもいうべき内容のものが多いことで知られています。

 中でも凡人には理解を超えた迷言中の迷言と言われているのが、《タクシーの運転手に「そこ右に左折して!」》です。どこが迷言なのかは説明不要ですが、このような言葉がパッと口から出てくるのはさすがの一言です。2位の《「うるさい!黙ってしゃべれ!」》や、5位の《「私は、ボクシングに出会ってから人生観が360度変わったんです。」》などは、まだ何となく言いたい事が理解できる気がしますが、1位になったこの迷言や10位の《「いやぁ〜、怖いのが半分、恐ろしいのが半分でしょうね」》などは、発言の真意がどこにあるのか本当に悩んでしまいます。

 この他にも《同窓会にいた同級生に対して「おぉ、老けたなぁ!いくつになったんだ?」》や《歯医者をサボる際の言い訳に「今日歯が痛いので休ませてください」》など、超一級の迷言がめじろ押しのガッツ石松。迷言で知られるタレントは数多いですが、迷言王である彼の座を脅かす存在はまだまだ現れそうもありませんね。