新しくスマートフォンを購入したら、いろんなアプリをダウンロードして便利で楽しいスマートフォンライフを送りたい。そう考えている人は多いのでは? とはいえ膨大な数のアプリから自分にぴったりのものを探すのは意外と難しいもの。そこで、スマートフォンを購入したらまずチェックすべきアプリは何か、みんなに聞いてみました。

 1位に選ばれたのは株式会社ウェザーニューズが提供する天気予報アプリ《ウェザーニュースタッチ》。その日の服や靴を選ぶために毎朝天気予報をチェックする人は多いと思いますが、自分の見たいエリアを登録しておいたり、1時間毎や3時間毎のきめ細かい天気予報をチェックできたりと使いやすいので、満足度の高いアプリとしてよく利用している人も多いのでは。《ウェザーニュースタッチ》には「天気予報Ch.」はもちろん「地震Ch.」や「台風Ch.」など様々な“Ch”があり、現在は2012年度版の「さくらCh. 」がオープンしています。お花見に行きたい日にちから桜が見ごろとなる場所が検索できるなど、これからの季節にとっても便利。アプリはダウンロードしたけど、天気予報しか見てない…なんて人は、使える“Ch”をうまく利用してみては?
 続く2位は《乗換案内》。いざというときにすぐ起動できて簡単に電車の乗換を調べられる路線検索アプリは、スマートフォンの必須アプリとも言えますよね。シンプルな画面でわかりやすい《乗換案内》の人気はやはり高いようです。

 QRコードはもちろんICタグの読み取りもサッとできる《ICタグ・バーコードリーダー》やブラウザに画面メモ機能を追加する《画面メモ》などの実用性の高いアプリから《ぐるなび》や《ミュージコ♪(音楽配信 MUSICO)》などの毎日の生活がちょっと楽しくなりそうなアプリまで、魅力的なアプリがズラリと並んだ今回のランキング。まだスマホをうまく使いこなせてないかも…という人はこれらの鉄板アプリを参考にしながら、自分に合ったアプリを探してみてはいかがでしょうか。