1月から新ドラマが続々スタートしました。平安時代末期の武士をはじめ、毒舌シェフ、自由奔放な探偵、シングルマザー刑事、警察御用達の葬儀屋、恋愛を忘れたOLなど様々な主人公たちが活躍中です。今回はみんなが期待している1月スタートのドラマを聞いてみました。

 1位に選ばれたのは月9『ラッキーセブン』でした。「仲間とその絆」をテーマに、松本潤、瑛太、大泉洋、松嶋菜々子らが探偵としてタッグを組み、個性をぶつけ合いながらあらゆる難事件に挑む探偵アクションコメディー。制作発表記者会見では新田輝に扮する瑛太が、松本潤演じる主人公・時多駿太郎とのバトルシーンを振り返り「実際は仲はいいです」と笑顔で話したり、大泉洋が松本潤に「彼女とかいるんですか? いい年だし」とムチャぶりをしたりするなど和気あいあいとした様子が伺えました。チームワークの良さがそのまま表れている元気の出るドラマに期待大! という人も多いのでは?
 2位には火曜夜9時放送、竹内結子主演の『ストロベリーナイト』がランク・イン。2010年にスペシャルドラマとして放送され、多くのリクエストを受けて今年連続ドラマとしてスタートしました。竹内結子は男性社会の中で「なめられない」をモットーに鋭い勘で捜査にあたる警部補・姫川玲子を熱演。初回平均視聴率は16.8%で、1月〜3月期でスタートした民放連続ドラマの初回平均視聴率の中で首位に躍り出ました。3位には、1月スタートドラマといったら欠かせない大河ドラマの『平清盛』が選ばれました。1月末には平清盛ゆかりの町、神戸市に平清盛の「歴史館」と「ドラマ館」がオープンしたのだとか。ドラマで実際に使われた衣装や、松山ケンイチ扮する平清盛の「等身大フィギュア」が展示されているそうで、神戸まで足を運んだらぜひ立ち寄ってみたいですよね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
  投票数:16837票
  投票期間:2011/12/20〜1/2
  ※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません