数日後に迫ったバレンタイン・デー。今からそわそわと周囲の女性の動向を気にしている男性も多いのではないでしょうか。全くチョコレートとは無縁の男性であればただの平日に過ぎませんが、学校や職場でクラスメートや同僚から義理チョコをもらえる可能性があると「いやいや、義理とか言いつつ本当は俺の事が」なんて期待を抱いてしまうのは男性のさがです。

 こうした夢見がちな男性たちが本命チョコなのかどうかで頭を悩ませてしまうのが、《ほかの人へのチョコと種類が違う》ケースです。《ラッピングが妙に丁寧》だったり、《値段が高そうなチョコだった》りする場合もそうですが、ほかの人と差別化されていると、どうしても「俺、特別扱い?」と期待が高まってしまうもの。もちろん、「他の相手よりも親密なお友達」だからという可能性も否定はできませんが、そこまでいけば恋愛感情への発展も期待できそうですよね。
 一方、「そこは悩むところじゃないのでは?」と感じてしまうのは2位の《ほかの人の目に触れない場所で渡された》や《渡す時に相手がモジモジしていた》というケースでしょうか。このようなケースであれば、女性側が自分に好意を持っているのはほぼ間違いないかも。これで悩んでしまうようでは、この先も恋愛のチャンスを逃し続ける非モテな日々が待ち受けている…なんてことになりそうです。