ベストアルバム『THE BADDEST』シリーズ5作目となる『THE BADDEST〜Hit Parade〜』を昨年リリースした久保田利伸。2枚組全34トラックスが収録されており、オフィシャルサイトには久保田利伸の楽曲の思い出やエピソードが次々に寄せられています。数々の名曲を作り続けている久保田利伸ですが、その中でもみんなが名曲だと思う一曲とは!?

 1位には《LA・LA・LA LOVE SONG》が選ばれました。1996年に久保田利伸withナオミ・キャンベルの名義でリリースされ、久保田利伸の代表曲として愛され続けています。ドラマ『ロングバケーション』の主題歌にもなり、「思い出深い月9主題歌(90年代後半)ランキング」でも1位を獲得しました。昨年12月にはあやまんJAPANが『LA・LA・LA LOVE SONG〜久保田と潤子のラブソング〜』としてカバーしたことも話題となりました。2位は《Missing》が選ばれました。叶わない恋を歌った切ないラブバラードで、この曲を耳にすると切ない思い出がよみがえる…という人も多いかもしれませんね。今年日本デビューするK-POPボーカルグループ2AM(トゥーエーエム)は日本デビューシングルに《Missing》のカバーを収録。メンバーのチャンミンが好きなアーティストの筆頭にあげるほど久保田利伸を敬愛しているのだとか。
 国内のみならず、世界で愛される久保田利伸の名曲たち。あなたが一番好きな曲は何位にランク・インされていましたか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
  投票数:23133票
  投票期間:2011/11/14〜12/2
  ※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません