目前に迫った大型連休。仲の良いご近所さんや親戚一同など、大人数でのお出掛けを計画されている人も少なくないのでは? 4人乗りのマイカーでは手狭になりそうな時は、ステーションワゴンやワンボックスワゴン、マイクロバスなど、大勢が一度に乗れる車をレンタカーで用意したいです。
 「レンタカーを借りるときに重視することランキング」で1位を獲得したのは、やはり《料金が安い》でした。レンタカーでは、一般的に6時間/12時間/24時間という料金形態を用意しています。6時間の場合、ステーションワゴンで8,000円程度、ワンボックスワゴンでも15,000円程度と手ごろな値段ではありますが、6時間で済むことはまずありませんし、休暇中はどうしても出費がかさむため「少しでも安く済ませたい!」というのが本音です。6位の《ガソリンを満タンにして返却しなくてよい》や9位の《保険料が安い・保険料無料》も、同じ発想の選択なのでしょう。
 2位に入ったのは《カーナビが無料》。最近のレンタカーでは、 カーナビ(カーナビゲーション システム)をはじめとして、カーステレオセットやチャイルドシートなどのオプションを用意しているものがほとんど。多くの場合、無料もしくは標準装備となっています。14位に入った《ETC搭載》のように、高速料金所で自動的に料金を払ってくれる ETC(=Electronic Toll Collection System)も、装備されていると便利そうです。