結婚を考えている女性であれば、一度は考えるであろう理想のプロポーズについて。好きな人からプロポーズされるなら贅沢は言わないけれど、できればこんなシチュエーションでこんなセリフがいいかも——。せっかくならドラマや映画などで観たロマンチックな告白やプロポーズのように思い出に残るものがいいな、と考える人も多いのでは? そこで今回はズバリ「憧れのプロポーズ」について聞いてみました。

 最も多くの票を集めて1位になったのは《思い出の場所で》。初めてデートした場所や告白された場所など二人にとって忘れられない思い出のある場所でのプロポーズは、結婚までの二人の時間を思い出させてくれるので、より心に響くプロポーズになりそうですよね。《ロマンチックな夜景を背景に》《旅行先の素晴らしい景色の中で》など、プロポーズのシチュエーションにこだわって特別な場所でプロポーズされたいと考える人はやはり多いことがわかります。
 一方、2位にランク・インしたのは《いつもの部屋でさりげなく》という意見。プロポーズに関するある調査によると、プロポーズをした場所について、既婚男女は「自分(相手)の家」と回答した人が4割を超えたそう。実際は特別なシチュエーションではなく、いつもの部屋でプロポーズをしたという人も多いようなので、《いつもの部屋でさりげなく》という理想を持っている人は夢が叶う確率が高いかも!?

 ランキングの上位には憧れのプロポーズの定番ともいえるシチュエーションがズラリと並んでおり、《自分から逆プロポーズ》をしたいという女性はやはり少数派のよう。「彼氏からのプロポーズを待っていられない!」となった場合は自分からプロポーズをする女性も増えているそうで、既婚女性の10人に1人は逆プロポーズだったというデータも。時代と共にプロポーズの形も変化していくものなのかもしれませんね。