家族や友達と集まったときや一人でのんびり映画を観ながら部屋で過ごすときなど、つい手が伸びてしまうカルビーのポテトチップス。おやつにもお酒のつまみにも最高ですよね。そこで、みんなが一番好きなポテトチップスの味について聞いてみました。

 1位に選ばれたのは《うすしお味》でした。カルビーがポテトチップスの販売を開始したのは、1975年。その記念すべきトップバッターとなったのが《うすしお味》です。発売から36年たった今でも、じゃがいもの味を引き立てるオーソドックスでシンプルな味わいが多くの人に愛され続けているようです。2位は《コンソメパンチ》。1978年の発売当初は「パンチがきいている」が流行語だったそう。公式サイトによると「お肉と野菜をコトコト煮込んで一晩以上じっくりねかせたスープがベース」なのだとか。旨味がぎゅっとつまったコクのある美味しさが人気の秘密かもしれません。3位には《のりしお味》が選ばれました。塩と海苔、日本ならではのベストコンビネーション! うっかり食べ過ぎて、「歯に海苔がついてるよ〜」なんて言われた経験がある人もいるのでは?
 定番の塩、のり、しょうゆなどの組み合わせの他にも、6位の《フレンチサラダ》や11位の《ペッパー》なども人気のようです。季節限定やご当地限定のポテトチップスが数々発売されており、新製品が出たらチェックしたくなってしまうカルビーポテトチップス。ドライブのお供や秋の夜長に、あなたはどの味のポテトチップスが食べたいですか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施 
投票数:27730票 
投票期間:2011/8/8〜8/22
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません