もともと人気が高かったiPhoneに加えて、最近では各社からAndroidを採用した製品が登場し、日本でも順調に市場が成長しているスマートフォン。以前であれば一部のガジェット好きが使うものというイメージがありましたが、最近では幅広い世代の人々がスマートフォンを購入し、便利に使いこなしています。

 こうしたスマートフォンユーザーの特徴として特に多いのが、《メールや電話を使わずにネットばかりしている》、《道に迷ったらgoogleマップで検索する》というものです。スマートフォンのタッチパネル操作と高性能なインターネットブラウザの組み合わせはウェブサイトの閲覧やインターネットを利用した各種サービスとの相性が非常に良く、インプレスR&Dが今年7月に発行した『インターネット白書2011』では、ネット利用のメイン端末としてパソコンに次ぐシェアを獲得している事が明らかになっています。

 周囲の人に《写真をタッチ操作で見せたがる》、《「はやくスマートフォンにしなよ」と熱心に勧めてくる》というのもスマートフォンユーザーに目立つ傾向ですね。このタイプは相手がスマートフォンを持っていたらいたで《気に入ったアプリをしつこく薦めてくる》ため周囲からは少々煙たがられる事も多いようですが、新しい物を手に入れたら誰かに見せたり薦めたりしたくなるのはやむを得ないところ。もし自分の周囲にこんなスマートフォンユーザーがいても、温かく見守ってあげてくださいね。