強い日差しが降り注ぐこの時期は、気温上昇と共に滴る汗との戦いを強いられます。さらに例年になく節電対策が必要になった今年の夏。梅雨明けと同時に猛暑が続くなど過酷な状況が続いているとはいえ、ベタつく汗や匂いなど異性からの目はごまかせないものかもしれません。そこでこの暑い最中、異性が気になってしまうことについて聞いてみました。

 1位にランク・インしたのは《匂い》でした。デオドラント対策を講じても滝のように吹き出る汗。そして自分でも気が付かないうちに生乾きのような匂いが漂っているかもしれません。汗を吸水する速乾性の高い夏向けのインナーを着用したり、デオドラント対策をよりこまめにしたりと特に注意を払いたいところですね。  続いて2位には《服の汗じみ》が入っています。中でも特に他人からの視線が集まりやすいのがワキ汗ではないでしょうか。何気ない瞬間にチラリとみえるベットリとしたワキ汗には百年の恋も一瞬にして冷めてしまうかも……。服の色によってはかなり目立つため、服の内側に貼り付けるタイプのパッドやワキパッド内蔵インナーを着用するなど対策を心がけたいところですね。3位には《だらしのない肉付き》と厳しい意見が並びました。

 汗のベタつきや匂いは、デオドラント製品や涼感グッズなどを利用して対策をしたいもの。5位の《暑苦しい服装》は見ているだけでも不快な気分になるので、いつもより清潔感を重視した涼しげな服装を心がけるなどしたいですね。